HOME | 取扱業務 | 代襲相続

代襲相続

相続人に代わって相続がまわってきた場合


 

 
多くの場合、親の死亡によって、親の財産が子へと承継されることになります。
 
しかし、例えば、子が、親よりも先に死亡していた場合、孫が直接相続人となることがあります。
これが代襲相続です。
 
代襲相続が生じる原因は民法の規定により決まっていますが、
①相続放棄した場合には代襲相続は生じない
②養子の連れ子には代襲相続権がない
③被代襲者が被相続人の兄弟姉妹の場合は再代襲がない等
少し複雑な仕組みになっています。
 
関係者が多い場合には、専門家に相談し、そもそも誰が相続人となるのか事前に確認しておいた方が良いかもしれません。

Blog 

事務所の弁護士及び職員が日々の感じたこと、ちょっと知って得する法律講座を掲載しています
 

相続のお悩みを解決

家族への最後のメッセージ「遺言」、判断能力が心配「後見制度」利用、亡くなった後の「相続」生前からの対策を専門家へご相談ください
 

弁護士費用

弁護士に依頼する際にかかる費用についてのご案内
 
 

解決事例

さまざまなケースがあります
 
 

富士法律事務所
東京都港区西新橋3丁目11番1号
建装ビルディング5階

業務時間 : 9:30~19:00
電 話:03-6809-1042
FAX:03-3433-1033
Mail : info@fuji-law.net