HOME | 解決事例 | 離婚慰謝料減額

解決事例 離婚 

離婚訴訟において財産分与及び慰謝料を0円に減額した事例

 
DV 慰謝料請求 

ご相談者様 

40代男性

離婚を求められ訴訟を起こされた 

ご相談の概要

 
ご依頼者は、妻から、ご依頼者によるDVを理由に離婚と600万円の支払(財産分与300万円、慰謝料300万円)を求める訴訟を起こされたので、この訴訟への対応を求めて当事務所に来所されました。
   

解決への道筋

 
本件では、ご依頼者が相手方に暴力を振るったのは、事実でした。
しかし、妻の不貞行為が極めて強く疑われる状況で、ご依頼者が妻に不貞の事実を問いただす中で暴力が振るわれていたのでした。
そこで弁護士は訴訟の中で妻の不貞を追求し財産分与等の請求を退けることに成功しました。
なお、本来ならば不貞行為を行った側(本件では妻側)からの離婚請求は有責配偶者からの離婚請求として認められないのですが、ご依頼者(夫)が婚姻の継続は不可能と決断されたので、財産分与及び慰謝料を0円とする離婚が成立しました。
 

弁護士活動のポイント

 
DVはパートナーの尊厳を傷つけ家庭を崩壊させる不法行為ですが、その背景を探ると暴力を振るった側ばかりを責められない事情が存在するケースもあります。経験豊富な当事務所の弁護士にご相談ください。 
 
 
 

Blog 

事務所の弁護士及び職員が日々の感じたこと、ちょっと知って得する法律講座を掲載しています
 

相続のお悩みを解決

家族への最後のメッセージ「遺言」、判断能力が心配「後見制度」利用、亡くなった後の「相続」生前からの対策を専門家へご相談ください
 

弁護士費用

弁護士に依頼する際にかかる費用についてのご案内
 
 

解決事例

さまざまなケースがあります
 
 

富士法律事務所
東京都港区西新橋3丁目11番1号
建装ビルディング5階

業務時間 : 9:30~19:00
電 話:03-6809-1042
FAX:03-3433-1033
Mail : info@fuji-law.net