HOME | 解決事例 | 離婚DV

解決事例 離婚

夫によるDV、子供への虐待に耐えかね離婚した事例

 
離婚 DV 面会強要禁止の仮処分  

ご相談者様 

30代女性
 

ご相談の概要

 
ご依頼者のご主人(相手方)は会社経営者でしたが、子供(幼稚園児)への教育方針がスパルタ主義で、ご依頼者が相手方と異なる意見を述べようものなら、怒鳴り散らしていました。
子供はこのような中、相手方におびえて、精神科医から「父親との面会は禁忌」とされるほど、心に傷を負ってしまいました。
ご依頼者はご自分のこと以上に、長男の心身を思いやって、離婚を決意されました。

 
 

解決への道筋

 
相手方は調停において離婚に反対し、子供との面会を求めて直接ご依頼者と子供が避難生活を送るご依頼者の実家に押し掛け、大声を出すなどしました。弁護士は面談強要禁止等の仮処分を申し立て、離婚手続中の母子の安全確保に努めました。
結果、離婚成立。財産分与を受け、さらに、会社経営者である相手方から子が成人するまでの十分な養育費等を得ることができました。
 
 

弁護士活動のポイント

 
DVを伴う離婚事件の場合には本件で選択した「面談強要禁止の仮処分」の他に「配偶者暴力に関する保護命令の申立」を選択するケースもあります。離婚の手続だけでなく、ご依頼者の安全を確保することも弁護士の役目です。 

Blog 

事務所の弁護士及び職員が日々の感じたこと、ちょっと知って得する法律講座を掲載しています
 

相続のお悩みを解決

家族への最後のメッセージ「遺言」、判断能力が心配「後見制度」利用、亡くなった後の「相続」生前からの対策を専門家へご相談ください
 

弁護士費用

弁護士に依頼する際にかかる費用についてのご案内
 
 

解決事例

さまざまなケースがあります
 
 

富士法律事務所
東京都港区西新橋3丁目11番1号
建装ビルディング5階

業務時間 : 9:30~19:00
電 話:03-6809-1042
FAX:03-3433-1033
Mail : info@fuji-law.net